【横浜ベイコート倶楽部】OZIO 絶景イタリアンレストランで味わう豪華朝食

Hotel

2020年12月 横浜ベイコート倶楽部の宿泊記です。

この記事では、OZIOの朝食編です♪

横浜ベイエリアを堪能!絶景イタリアン

横浜ベイコート倶楽部では、和朝食または洋朝食から選ぶことができます。

洋朝食の場合は、イタリアンレストランOZIOで頂きます。

ベイコート倶楽部・カハラそれぞれからアクセス可能!

ここは厳密にいうとカハラホテルのレストランになるので、カハラホテル・ベイコート倶楽部両方の宿泊者が利用することができます。

でも驚くことに宿泊しているホテルによって入口が明確に分かれていて、こちらがベイコート倶楽部側から入ったOZIOの入口。

 

カハラ側からの入口はこちら。

 

それぞれのホテルロビーからアクセスのよい場所にレストランがあるのですが、これがなんとも不思議な感じ。

方向感覚の悪い私からすると、同じ場所なのに全く違う場所にいるように感じる//笑

食事をしながら景色を楽しみたいならここ!

横浜ベイコート倶楽部は全体的にダークでカッコいい感じのインテリアが多いですが、OZIOは唯一ナチュラルで可愛らしい感じの雰囲気でした。

貝殻に包まれているようなかたちのお席は、プライベート感を楽しみつつ開放感もあってよかったです。

 

そして、景色も素晴らしい///

 

前の記事で絶景のロビーについて綴りましたが、そのロビーとレストランが同じフロアの同じ方向なのでこちらも景色が素晴らしいというわけです!!

ということは、、、きっとディナーの夜景も綺麗なんだろうな♡

中華料理・日本料理レストランからは横浜のシティー側の景色は見えないので、横浜らしい景色を楽しむならOZIOがオススメです。


コース形式の超豪華朝食

朝食はアメリカンブレックファースト(3,000yen)でコース形式です。

 

フレッシュジュース(オレンジ・トマト)

絞りたての超フレッシュなお味///

市販のトマトジュースは苦手なのですが、こちらは美味しく頂けました。

 

サーモンマリネ、ミックスサラダ、コンソメスープ

朝から大好きなサーモンがこんなにたくさん頂けるなんて幸せすぎる♡

食器の柄に合わせてなのか珍しい盛り付け方だけど、オシャレで勉強になる~//

 

そしてこの贅沢なコンソメスープ!!

ニューオータニやオークラで頂いたダブルコンソメスープとは違って、クセが無くとても飲みやすいです。

しっかり出汁が効いているのに、この透き通ったスープはプロの技///

 

パン(クロワッサン/パン・オ・ショコラ/食パン)

もちろん温められていて美味しい//

 

ジャムも3種類あります。

 

エッグベネディクト

割と今まで頂いてきた中では軽めなエッグベネディクト。

 

この卵とろーんがたまりません♡

 

イベリコ豚のロースト

朝食でお肉料理まであるなんて予想外//笑

脂身が苦手とお伝えしたら、脂の少ない部分を出して頂きました。

お肉は柔らかくて、添えられているポテトやラタトゥイユまで全部美味しかった♡

 

ヨーグルトの軽いムース

この “軽い” というのがポイントで、ムース独特のもたっとした感じが無くて満腹のお腹でも食べやすかったです。笑

ベリーソースも相性抜群!!

 

食後のコーヒーor紅茶

 

コースの最初から最後まで、レイノーのヒストリーナチュールシリーズの食器で統一されていてなんとも眼福でした♡

高級感がありながらナチュラルなレストランの雰囲気とベストマッチ///

 

それにしても、朝からボリューミーな内容でこの日は昼食いらずになりました。

というか、朝からダブルメインのランチを頂いた気分w

最近ラグジュアリーホテルでの朝食はコース形式でなくても4,000円以上はすることが多いので、この内容で3,000円はかなりお安い!と思っちゃいました。

横浜ベイコート倶楽部 OZIO 朝食まとめ

上質な朝食と素晴らしい景色///

✔ 絶景を眺めながら頂く最高の朝食

眺めがよく開放感のある雰囲気が、他のレストランにはない魅力だと思いました。

朝は定食形式にどーんと出てくることが多いけれど、コース形式で一品ずつ温かいものを温かいうちに頂けるという丁寧なおもてなしにも感動しました。

まるでダブルメインのランチを頂いているような豪華さにも驚きでした。

✔ 同じOZIOでも東京ベイコートとは全く違う!

ベイコート倶楽部のイタリアンレストランは、場所やホテルのテーマによってレストラン名を変えているのが特徴だそうです。

東京と横浜は「OZIO」

芦屋は「LUBANO」

ラグーナは「MAROCE」

東京と横浜は同じ「OZIO」ですが、雰囲気もお食事の内容も全く違うものでした。

どちらかといえばレストランの雰囲気は芦屋、お席の造りはラグーナに近いという印象でした。

 

次の記事では、日本料理レストランについて綴ります。

 

▼イタリアンレストランOZIOは、カハラホテル宿泊の場合も利用可能です

コメント

タイトルとURLをコピーしました