【横浜ベイコート倶楽部】眺遊楼 ベイコート利用者のみが味わえる絶品中華

Hotel
スポンサーリンク

2020年12月 横浜ベイコート倶楽部の宿泊記です。

この記事では、中華料理レストラン 眺遊楼でのディナー記録です♪

ベイコート利用者のみが利用できる特別なレストラン

横浜ベイコート倶楽部でのディナーは和食・中華・イタリアンの中から選べます。

もちろん食事は外で済ませることもできるのですが、ベイコート倶楽部のレストランはどこも美味しいのでホテルでの食事が断然オススメです。

中でも横浜ベイコート倶楽部の中華料理を推す理由は、完全に横浜ベイコート倶楽部専用のレストランだからです。

利用できるのはオーナーと宿泊者に限定されているのはもちろん、中華レストランのみカハラホテルの宿泊者も利用することができません。

横浜には中華街もありますが、ホテルでも中華料理レストランはちょっと特別感のある位置づけとしているそうです。

ということで、他のレストランはカハラホテルに宿泊した時にも行くことができますが、中華料理レストランに行けるチャンスは横浜ベイコートに宿泊した時だけということになるので、是非訪れてほしいです。


まさに、空中のプライベートダイニング

中華料理レストランは、横浜ベイコート倶楽部専用ラウンジの横に位置します。

 

レストランに入った瞬間、黒を基調としたキラキラの空間がお出迎えしてくれます。

どこのベイコート倶楽部に行っても、素晴らしい空間造りに驚かされます。

 

レストランは全席完全個室。

人との接触が気になる今の時代でも、安心して食事ができますね。

さらに、全室ハーバービューというのもこの立地だからこそできる贅沢。

窓の形が非常に特徴的なので、まるで空中にいるような不思議な感覚になります。

 

ディナーコース彩遊(さいゆう)

夕食は、9,000円~30,000円までと非常に幅広く4種類のコースが用意されています。

今回は彩遊(9,000yen)のコースを頂きました。

 

最初にお出迎えしてくれたこのプレゼンテーションプレートは、横浜港の海底をイメージしてなんと料理長がデザインされたそうです。

なんとも多彩な料理長///

 

電気を消すとキラキラと光るこの演出もなんて素敵なんでしょう♡

写真だと全然伝わらなくてごめんなさい…

遊び心もあって、さらに全室個室だからこそできるおもてなしですね!!

 

お茶はジャスミンティーを頂きました。(無料)

 

サザエのポルトガル焼き

かなり意外性のあった一品目のお料理は、岩塩で焼き上げたサザエ。

中身はカレー風味のクリームソースで香りが立ちます。

 

サザエは火の通りが丁度よくてとっても柔らかい♡

 

海の幸の冷菜盛り合わせ

高さのあるグラスには、酸味の効いたコリコリ食感のクラゲ!

隣のグラスにはピータンソースのかかったとろとろの湯葉♡

手前には富士山サーモン、ホタテ、蒸し鶏などが彩りよく盛りつけられています。

 

蟹肉入りフカヒレスープ

フカヒレのスープは、6時間もかけてハムで出汁にとった贅沢な一品。

スープに浮かぶ卵白は雪に見立てたあしらい♪

 

最高に贅沢は一匙とはこれのこと。

 

三種の点心

シャキッと食感の油菜心、干しシイタケ、海老の蒸し餃子

意外と重くなくて食べやすかったフォアグラ入り鶏肉の餃子

見た目も黒くて、ほんのり竹炭の香ばしさを感じる貝柱の餃子

 

何もつけずにそのまま素材の味を楽しむ点心。

どれも中身がギュッと詰まっていて、3種類それぞれ違った食感も楽しめました。

 

車海老のチリソース

なんとも贅沢に車海老1尾をどーんと盛りつけたエビチリ。

カリカリの香港麺と海老のみそを使ったソースも絶品でした♡

 

干し梅と紹興酒のスペアリブ

沖縄のキビまる豚を使ったスペアリブは、干し梅と紹興酒を使ったソースで。

 

このほろほろに柔らかい感じ伝わるかな~♡

 

上海蟹味噌入り土鍋炒飯

土鍋に入った熱々のあんかけ炒飯は、蟹味噌のコクと風味がすごい!!!

 

蟹身もたっぷりで贅沢~~♡

 

デザート

まずは右から、中華でよく出てくるこのお菓子は龍のひげ飴っていうんですね!!

中には胡麻とナッツが入っていました。

真ん中の杏仁豆腐にはバラのフラワージュレのせ♡

カハララウンジでも使われていましたが、バラは横浜のシンボル花だそうですよ。

左は、フランボワーズがまぶされてピンク色になったもちもちのココナッツ団子。

 

中華のデザートといえば、私は断然マンゴープリンか豆腐花推しなので食べてみたかった気持ちもありますが…

華やかで美しいデザートプレートでした。

 

お食事の最後にマネージャーの方がご挨拶にきてくれました。

毎回メニュー作りをされる際には、料理長を筆頭に “どの産地のどんな素材を使って”ということからこだわって考案されるそうです。

メニューの説明も一品ずつ丁寧にしてくださるので、興味深いお話がきけてさらにお食事も楽しめました。

横浜ベイコート倶楽部 眺遊楼 まとめ

最高のロケーション、おもてなし、料理も素晴らしい///

✔ ベイコートクオリティのおもてなし

全席個室でハーバービューという空間がとにかく贅沢♡

メニューの説明がとても丁寧でスタッフの方も品があり、さすがベイコート!という感じでした。

プレゼンテーションプレートの演出も“これからお食事を楽しんで頂こう”というおもてなしの心を感じて、お料理以外にこんな粋な演出があったのは初めてでした。

✔ コスパも満足◎

お料理一つ一つに高級素材が使われているけど、広東料理らしくクセの少ない食べやすいお味でコース全体のバランスもよかったです。

この場所、この料理内容で1万円しないなんてコスパが良いと思いました///

今回頂いたコースで大満足だったので、よっぽど食べたいものが無い限り今後も高いコースは頼まないかもですが…

とにかく次の機会にもまた訪れたいレストランです♡

 

次の記事では、イタリアンレストランでの朝食について綴ります。

【横浜ベイコート倶楽部】OZIO 絶景イタリアンレストランで味わう豪華朝食
2020年12月 横浜ベイコート倶楽部の宿泊記です。 この記事では、OZIOの朝食編です♪ 横浜ベイエリアを堪能!絶景イタリアン 横浜ベイコート倶楽部では、和朝食または洋朝食から選ぶことができます。 洋朝食の場合は、イタリア...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました